バイク模型を作る! タミヤ レプソル Honda RC213V ’14 製作記 ⑨

タミヤ 1/12 RC213V '14 製作記 

こんばんわ、たまです。

 

今回は、フロント回りのパイピング、内側補器類取り付け、カウルへのデカール貼りとなります。

 

 

早速ですが、進捗はこんな感じ。

 

 

休みだったことと、あんまりデカール貼りに日をかけたくなかったので、一気にやってしまいました。

 

 

アッパーカウルです。塗分けラインの塗りなおしをしたおかげで、白のラインがシャープになり、見栄えが良くなりました。また、デカールの精度もなかなかよく、ぴったり合ってくれますので、ストレスフリーで張り付けることができました。

 

ただし、どうしても合わせ目や角部などは寸が足りない、裏側まで届かないので、そういった箇所はセミグロスブラックの塗料で補っています。

 

 

 

 

タンクカバー?ですかね。こちらもイイ感じ。

ホンダマークが立体的なディティールになっているのですが、シールの余白が浮いてしまう状態でしたので、マークセッターでしっかり張り付けてから、マークソフターではみ出た部分を軟化させ、密着。こうすることで、本物同様に立体的なデザインにすることができます。

 

 

タンクからテールにかけてです。このあたりは一体のデカールも多くなってきて、パーツをまたぐものもちらほら。一旦組み上げて、デカールを貼り付けて、分割面にデザインナイフを通し、デカールを分割。分割後は合わせ面を滑らかにつなぐように、セミグロスブラックおよびブルー30%とセミグロスブラック70%のダークブルーを用意し、自然に見えるようにタッチアップします。

 

 

 

 

 

ついでに、先日デカールを破ってしまった箇所もタッチアップで直しておきました。

”P”と”L”の文字が、段差の関係で隙間が空いてたり、デカールが破れたりしてたのですが、セミグロスブラックでタッチアップして、ほぼ目立たない状態まで復旧することができました。

 

 

 

 

リアインナーフェンダーとスイングアームにもデカールを貼り付けます。スイングアームは溶接線のモールドをまたぐこととなります。ここでもマークソフターが活躍します。

デカールを貼り付けて、内部の水抜きをし、溶接線の上のデカールにマークソフターを塗ります。

デカールが軟化してきたら余分なマークソフターを綿棒で吸い取り、あとは、ディティールに沿って硬化するのを待つだけ。

 

 

 

 

 

 

デカールの軟化を待ってる間にフロント回りのパイピングも完成。

このチューブですが、十分な半径がなければ途中で折れ曲がってしまいますね。10mmくらいのパイプをつなぐ、リザーバ↔レバー間などは、すこし形がいびつになってしまいます。まぁそれほど変には見えませんが・・・また次回バイク模型作るときは、パイピング材質もちょっと変えてみようかなと思います。

 

 

 

 

フレーム左右にはラムエアダクトを取り付け。パイピングを避けながらかっちり取り付けていきます。

ラムエアダクト下には補器カバーでしょうか?を取り付け。クラッチ、ドライブスプロケットのカバーも取り付けを完了。

他の方の作例を見ると、この個所はカーボン(柄)化されてたりもするのですが、実写はそうなのでしょうか?とりあえず、説明書の指示が塗装なので、一旦これで仕上げます。

 

 

 

本日はここまで。

次回はカウルへのトップコート施工~研ぎ出しとなります。

 

RC213Vの製作記はカテゴリでまとめてあります。興味のある方は、こちらからどうぞ(^-^)

タミヤ 1/12 RC213V '14 製作記 

タミヤ 1/12 RC213V  14年モデルの製作記を紹介しています。

 

タミヤ 14130 1/12 レプソル Honda RC213V ’14 プラモデル(ZS06458)

価格:2,980円
(2018/11/15 23:27時点)
感想(0件)

コメント