機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)を見てきた。

ガンプラ

こんばんわ、たまです。

 

本日のレイトショーで、ガンダム最新作の『ガンダムNT』を見てきました。

 

最近の作品にありがちな、映画公開前から登場機体の紹介、商品展開が始まっていて、映画の興奮冷めやらぬうちに、プラモデルを買うことができるという、恐るべきバンダイの戦略。

 

でもまぁ、確かに映画観終わると、やっぱりほしくなりますね、プラモ・・・。明日買いに行こうかな。。。

 

 

あと、見ていて思いましたが、今作品、バックグラウンドに関する説明がほとんどないので、もし未だ見ていない方は、最低限ガンダムUCを見て、できればZガンダムと逆襲のシャアも内容を知っておいたほうが話を飲み込みやすくなると思います。

 

これだけは知っておいたほうが良いという内容、語句を下記にて解説しました。

劇場版 機動戦士NT(ナラティブ) 語句解説
パンフレットを入手できた方は、そちらに書いてあるのかもしれませんが、今作を見るにあたり専門用語の解説がほぼないので、初見の方は辛いだろうなーと思い、簡単な語句説明をしていきます。

 

 

それらを知らなければ、たぶん専門用語ばかりで、単に『・・・ガンダムカッコよかったね』となること必至です。。。

 

 

 

できるだけネタバレは含まないように、無料公開されている序盤の説明と、物語の主軸の話をしようかと思います。とはいえ、多少ネタバレ含みますので、まだ見てない方は見ないほうが良いかも。。。

 


 

さて、公開直前に、映画序盤23分が無料解放され、その23分間でもガンダムファンであれば涎の出るような設定が散りばめられています。あれを見せられたら、もう本編を見るしかないですね(笑)。

 

個人的なお気に入りは、序盤、超高速機動をつづけるフェネクスを見たシェザール隊のモブが放った一言。

 

『あの青い光・・・スラスターの光じゃないですよ!!!!』

 

フェネクスを追い詰めるべく包囲、照準を合わせようとするも、その尋常ではない機動で全ての攻撃を回避するフェネクスは、スラスターではなく、青い光に包まれて空間を移動しています。

 

ガンダムUCの最後を見た方は大体想像つくと思いますが、おそらくフェネクスは神コーン状態・・・(-_-)

 

バナージがサイコパワー(?)で操っていたガトリングシールドの原理で、本体を稼働させてしまっています。

 

 

ええぇ・・・これもうこの時点で勝ち目ないやん・・・と思いきや、直後に乱入してきたナラティブガンダムを操るヨナの発言で、フェネクスのパイロットが判明。ヨナ、ミシェルの幼馴染のリタが登場していることを伺わせる演出が入ります。

 

 

しかし、どうして明らかに今作主人公と同年齢と思われるリタが、連邦の最重要機密MSに乗り、あまつさえ最後のバナージレベルで機体と同調(しかもこっちは人の道に戻ることをせず、”向こう側”へ行ってしまっている模様)できているのか・・・という内容は本編が進むと解き明かされていきます。

 

あと、冒頭23分の最後が敵の強化人間の鼻歌で締められるというのも印象に残りました。あれ、最初に見たときから『こいつヤバい・・・』と思わせる良い演出でしたね。

 

ただ、こいつも見た目とは裏腹に、結構面白い(興味という意味で)人物だったりします。やってることは人道的にアウトなんですが、共感できる部分もあり、完全な悪としては描かれていません。可愛そうなやつですよね。

 

 

物語はガンダムUCの続編にあたるわけですが、サブタイトルにもある通り、NT神話の行きつく先ということで、ガンダムUCにて驚異的な性能を見せたサイコフレームと絡めて、物語が作られています。

そして、サイコフレームとは何ぞや、どういう性能を持つものである、といった説明から、ジオン・ズム・ダイクンの定義したNTの定義とは異なる解釈のNTの定義が話されます。

 

ガンダム作品的には、こちらのほうがNTの定義として捉えやすいと思います。

 

そこに、リタ、ミシェル、ヨナたちの人間の話が加わり、作品としてとても面白く出来上がっています。みんなが一緒に居る為に、お互いがお互いを思って最善と思うことをしてきた結果が・・・今回のお話。

 

 

 

ただ、難点をつけるとすれば、作画をガンダムUCと共通にしてほしかったですね。最初、マーサ・ビスト・カーバインは最初誰か気づきませんでしたよ・・・。ストーリーは素晴らしいと思います!

 

あとグッズはほぼすべて完売、公式HPでも記載されていますが、パンフすら残っていません。それくらい人気があるということですね・・・。(12/8から順次補充ということですが、私が行った映画館には補充されていなかったようです)

 

 

色々とぶちまけてしまいたい内容はあるのですが、今回はこの辺で。

もし近くに映画館がある、アクセス可能な位置にある、という方は是非見てみてください。

ガンダムUCでしょ?飽きたよ・・・と思うなかれ、流れはUCですが、UC以上に人間味の溢れる話で、とても面白いです。

 

本ブログの管理人について
この記事を書いた人
たま。

はじめまして、たま。と申します。
この度は本ブログ閲覧ありがとうございます。

このブログは、車やバイクを購入する際に損をしないための基本知識や、購入後の最適な使用方法、維持方法等、皆様のお役に立てる情報を分かりやすくお届けするための情報発信サイトです。

車、バイク生活の疑問に悩む皆様のお力になれれば幸いです。

たま。をフォローする
ガンプラ
シェアする
たま。をフォローする
たまぶろ。

コメント