ホンダ製の究極ハイブリッド i-DCDについて!

自動車・バイク

こんばんわ、たまです。

本日は、私の大好きなホンダ製ハイブリッド、i-DCDについて(*´ω`*)。

 

 

車で何がオススメかと問われると、私がまずオススメするのが現行フィットハイブリッドです。 パッケージングはもちろんですが、1番のオススメポイントは搭載されているハイブリッドシステム、i-DCD!

このハイブリッドシステム、ご存知の通り2018年現在のホンダFITハイブリッド等に搭載されているホンダの1モータ式ハイブリッドシステムです。

 

どういったシステムなのか、その性能について解説していきたいと思います。

 

ホンダの4輪用ハイブリッドシステムについて

 

ホンダのハイブリッドと言えば、今でこそトヨタに匹敵するレベル(個人的には凌駕していると思う)でしたが、初期のものは、簡易ハイブリッドとも見れる簡素なものでした。

 

ホンダグリーンマシーンという言葉をご存知の方もいらっしゃると思います。当時、シビックハイブリッドや2代目インサイト、ハイブリッドスポーツカーであるCR-Z等に搭載されていたシステムが、ホンダ初の1モータハイブリッドシステム、IMA(Integrated Motor Assist)システムでした。

このIMA、簡単に言うとエンジンに組み込まれているフライホイール(慣性維持装置)をモータに置き換えて、それによって駆動力をアシストする簡易的なシステムとなっています。

ただ、簡易的な分トヨタの誇るTHS等と比べて、下記の点が劣っている(?)とされます。

・スペースの問題で小型モータしか設置できず、出力が低い

・エンジン直結型のため、積極的にEVモードを使うことができない

・エンジン効率が悪くなる低速時でもエンジンを回す必要がある

 

このIMA、高速走行ではTHSに匹敵する性能を出せたそうですが、それってTHSのウィークポイントでやっと勝てる程度で、その他の性能は大幅に劣っていました。

 

 

そこで、打倒トヨタ(?)の為に、ホンダがアースドリームテクノロジーと称して、新型のハイブリッドシステムを3つ開発します。

・i-DCD

・i-MMD

・Sports Hybrid SH-AWD

の3種です。このうち、コンパクトカーに搭載できる小型システムとして開発されたのが、i-DCDです。

 

現在、この3種のハイブリッドシステムが登場したことで、正直トヨタのハイブリッド勢を凌駕する性能を手に入れることができたと私は思います(*´ω`*)

 

 

i-DCDの仕組みについて

 

i-DCDは、ホンダの1モータ式ハイブリッドシステムで、インテリジェント・デュアルクラッチドライブの略です。

これだけ書くと旧型のIMAと何が違うのか?と思いそうですが、モータ数こそ一緒ですが、構造そのものが大きく進化しました。

 

構造は、基本的にデュアル・クラッチ・トランスミッション(以下DCT)と呼ばれるミッションを使っています。

 

このシステムは、有名なところだと、ランエボXや日産の R35 GT-R、フォルクスワーゲンのゴルフなどに搭載されています。

そして、実はホンダの誇るスーパーカーである現行NSXにも採用されています。

 

詳しい仕組みは専門の解説ページを参照していただきたいのですが、簡単に言うとモータ側のインプットシャフトから、タイヤを駆動するアウトプットシャフトへ動力を伝えるためのカウンターシャフトが通常の1段ではなく、2段配されています。

 

(wikipediaより引用)

 

 

この2段構造こそが、肝なのですが、それぞれに偶数段、奇数段のギアが設けられており、仮に1速を受け持つカウンターシャフトがアウトプットシャフトに繋がっている場合、もう片方のカウンターシャフトは2速でスタンバイしています。

 

そして、システムが変速が必要と判断したときに、スタンバイしている2速ギア(カウンターシャフト)をクラッチでアウトプットシャフトに繋ぎ変えることで、DCTは駆動力の喪失無しにギアチェンジができる、という構造です。

 

一方、ATは通常、ギアチェンジをする際に、一旦現在繋がっているギアの接続を切って、次段につなぎなおす必要があるため、若干の駆動力の喪失があります。

これがDCTになると、無くなるわけですが、さらに次段ギアは既にスタンバイしているため、繋ぎ変えるのに必要な時間もクラッチの切り替え時間のみ。変速スピードも通常のATを上回ります。

 

また、変速スピードだけでなく動力伝達効率も、ATはもとより、今でもかなりの車種に採用されているCVTの効率80%を超える、驚異の90%代。 しかも、機構そのものはMTが流用出来るため既存の製造設備を活かせるというメーカー側の利点もあります。

 

 

ここで、やっとi-DCTについてみていきますが、基本的にはDCTと同様にカウンターシャフトが2本配されていますが、奇数側のシャフトにモータが取り付けられています。

 

 

このモータを使うことで、モータアシストを行ったり、モータを発電機としてバッテリーに電力をチャージしたりして、ハイブリッドシステムを構成しています。

 

もし、その動きを確認したい方は下記youtubeを見ていただければ分かるかと。ただ、理解はなかなか難しいです・・・。それくらい複雑なシステムということですね。

Honda Sport Hybrid i-DCD

そしてなにより、このi-DCDを用いることで変速を小気味良く制御でき、CVTの様なラバーバンド感もないため、ダイレクトに駆動されているあの感触は、ハイブリッドカーという運転が退屈になりがちな車が多いにもかかわらず、病みつきになります(╹◡╹) 。

 

フィットのそれは、そんなDCTに更にモーターを組み合わせた、超高度で複雑なシステムです。

 

 

i-DCDの燃費性能は?

 

このようにIMAと比べてより複雑に進化したi-DCDの性能はどうなのか?

結論から先に聞くと、燃費性能は大幅に向上し、そして、動力性能もまた飛躍的に向上しています。そして、性能だけ見ればTHSすら凌ぐのでは?というレベルに。

 

まず。燃費性能については、ライバルと言えるトヨタのアクアを抑えてNo.1の低燃費性能を実現しました。その数値は36.4km/Lという驚異的な値。

ちなみにIMAを搭載した旧フィットハイブリッドの燃費性能は26.4km/Lなので、Lあたり10kmも航続距離を延ばすことに成功です。これは、約40%燃費が向上したということ。

これには先述したDCT技術を用いた伝達効率の改善や、リチウムイオン電池の採用、そして優秀な制御システムの成せる業です。

 

 

i-MMDの動力性能は?

 

また、ハイブリッドカーというと燃費性能に注目が集まりがちですが、このi-DCDは動力性能も大幅に上がっています。

 

車の動力性能を表す指標の一つとしてよく使用される、停止状態から100km/hに到達するまでの加速性能において、youtubeを見ればわかるのですが、このフィットハイブリッドのタイムは7.5秒を記録しています。

FIT3HV ハイブリッド 0~175km フル加速

コンパクトカーとしては破格の動力性能です。

 

これ、どれくらいすごいかというと、まず、フィット13G・Fパッケージというフィットでのガソリン車売れ筋グレードの加速性能は、0-100km/hが11秒半ほどです。

また、実質的なライバルとなるアクアは勿論のことプリウスすら余裕で引き離すレベル。アクア、プリウスはどちらも約10秒程。

 

フィットハイブリッドのタイムは、トヨタ86やBRZといった2リッタースポーツカーと同レベルです。

 

そして、実は、2リッターi-MMDを搭載するアコード(3リッタークラスの動力性能)にも匹敵する加速力だったりします。

 

それでいて先ほど述べた燃費性能を達成し、かつ値段はハイブリッドコンパクトカー水準という、私からすればもうぶっ壊れレベル(*´ω`*)

 

 

あ、もちろん一般道でこのトンデモ性能を試そうなんてしてはいけません。

自宅もしくは公道以外の長さ1kmくらいの直線で試してくださいね(*´ω`*)

 

 

ただ、この素晴らしいシステムにも、弱点がありました。

燃費性能、動力性能は素晴らしいものの、やはり制御が複雑だったようで、制御システムに不具合があることが、発売後分かりました。。。

 

i-DCDのリコール問題

 

ニュースや新聞でも多く取り上げられましたが、i-DCDは同一のシステムでこれまでに7回のリコールを出しています。しかもその内容は走行ができなくなるといった重大なものまで含まれています。

 

上記の動画で見ていただいても分かると思いますが、とても複雑なシステム故にどうしても煮詰め切れていなかったところがあるようです。

 

あの件で、一気にi-DCDの、ひいてはフィットの評判がガタ落ちになりました。 その影響は、フィットシャトルの後継車であるシャトルが、悪いイメージを引きずってしまう事を恐れたメーカーの意向により、フィットの名を冠す事がなくなってしまった程。

 

ただ、リコールを経て現状のi-DCDはかなり改善が施されています。

実際、車検の代車に借りたフィットHVはかなり良かったです(╹◡╹)。正直、私個人的にはアコードからフィットに乗り替えても良いんじゃないか?っていうくらいの出来でした。

よく、VWのゴルフのDCT(VWではDSGと呼ばれていますね)は完成度が高い!ということが言われますが、FITの方が滑らかなんじゃない?という感想を持ったほどです。

 

なので、今買うのであれば上記のようなネガは心配する必要ありません。

むしろ今買っておかないと・・・・

 

 

i-DCDの今後

 

色々書いてしまい、すでに4000文字を超えてしまっていますが、最後にi-DCDの今後について。

 

実は、これだけ素晴らしいシステムにもかかわらず、次期モデルのFITには1.5L版のi-MMDが搭載されることが決まっています。

また、FITをベースにしたSUVとして展開しているヴェゼルですが、これの時期モデルにもどうもi-MMDが搭載される模様。。。

 

 

やはり、リコール問題が尾を引いていることと、i-MMDの方が制御的にも仕組的にも簡易で信頼性が高いことが原因かと思います。

 

なので、i-DCDを選べるのは以降数年のみとなり、それ以降はi-MMDがホンダハイブリッドの主流となるでしょう。

 

 

もし、i-DCDに興味がある方は、今のうちに手に入れておくほうがよさそうです(私も含めてですが)。

そして、私はHONDAがi-DCDを消滅させるのではなく、排気量をアップしてスポーツモデルへの搭載で生き永らえさせてくれることを望んでいます。

 

例えばすでに生産中止になってしまっていますが、CR-Zに排気量アップ(+加給)したi-DCDを積めば、とても面白いことになると思います。

スポーツカーなので、ある程度は利便性が削られても問題ないですし、その分FITよりも動力性能が上がり、十分スポーツカーとして成り立つのではないでしょうか?

 

ということで、i-DCDのすすめ、現行フィットハイブリッドの布教記事でした(*´ω`*)

 

↓今後HONDAで主流となってくるHVシステム、i-MMDについて記事を作りました。

ホンダのハイブリッドシステム i-MMDについて
今でこそ様々な車種に展開されているi-MMDですが、どのようなシステムなのかご存知でしょうか?また、今後ホンダはこのi-MMDという方式をホンダハイブリッドの主流としていきます。そこで、今後ハイブリッドカーを購入する予定があるという方の参考になればと思い、記事を作成しました。

 

※下にあります私のプロフィールに、車をお得に購入するコツについてまとめた記事を置いています。登録不要、完全無料の記事ですので、良ければ一度お目通しください(*´ω`*)

本ブログの管理人について
この記事を書いた人
たま。

はじめまして、たま。と申します。
この度は本ブログ閲覧ありがとうございます。

このブログは、車やバイクを購入する際に損をしないための基本知識や、購入後の最適な使用方法、維持方法等、皆様のお役に立てる情報を分かりやすくお届けするための情報発信サイトです。

車、バイク生活の疑問に悩む皆様のお力になれれば幸いです。

たま。をフォローする
自動車・バイク自動車・バイクの基礎知識
シェアする
たま。をフォローする
たまぶろ。

コメント