GROUPON(グルーポン)

海外製スタッドレスタイヤの性能は?前回調べた国産品と制動距離比較

自動車の基礎、構造やメンテナンスについて

さて、先日は国産スタッドレスタイヤの公式制動距離記録から、最強スタッドレスタイヤを割り出しました。

 

参考:結局どれがおすすめ?スタッドレスタイヤの制動性能を数値できっちり比較してみた!

 

 

でもショップには、国産タイヤ以外にも海外製タイヤのラインナップも揃っており、もちろんスタッドレスタイヤも色々取り揃えられています。

 

今回は、海外製と国産の比較をやっていこうと思います。

参照元のサイトにはいくつかの海外製スタッドレスタイヤの情報がありましたので。。。

 

 

といっても、登録されているデータが少なく、ドイツ製のミシュランとアメリカのグッドイヤーしかありませんでしたので、あまり詳しい比較はできていませんが・・・

 

タイヤ公正取引協議会のデータ比較(海外製)

ということで、抽出可能なデータのみ取り出して記載します。

他の海外スタッドレスタイヤのデータが取り出せない理由についてちょっと思うのが、そもそもメーカがデータ提出していないっていうのももちろんあると思いますが、そもそもデータ名が”旧モデルとの性能比較”という項目なので、旧モデルが出回ってないとか情報を提供していないということかもですね。

 

なので、性能が悪いのでデータが無い、というわけではない・・・と思います。

 

抽出データは、

  • 20km/hからの停車
  • Cセグメントに属する車(SUVやミニバンは除いています)
  • タイヤ公正取引協議会にしっかりとデータが登録されているもの(カタログ掲載のみ、というものは省く)
  • 国産メーカ

という前提で揃えています。

 

 

 

ミシュラン製 XICE XI3+

ミシュランのX-ICEシリーズです。

HPを確認したところ、現状の最新モデルはX-ICE SNOWとなるようですね。

 

なので、国産勢でいえばダンロップのWINTER MAXX 02みたいに、他の最新タイヤと比べるとやや不利か?

 

では、このタイヤの氷上制動性能はというと・・・

 

雪上で、20km/hからブレーキを掛けた際の制動距離は・・・なんと9.54mです!

 

まさかのブリジストン越えです。しかも最新モデルじゃないのに・・・

流石ドイツ製・・・と思いきや、試験車両がゴルフ7ですね。

 

 

なので車両重量がブリジストンと比べて軽い=制動距離短いなので、公正な比較ができないデータとなりました。

 

ただ、かなり高性能である匂いはプンプンします。。。

 

 

 

グッドイヤー製 ICE NAVI 7

 

ICE NAVIシリーズの7代目。20年の集大成という、グッドイヤーが誇る最新モデルのようです。

ミシュランのX-ICEがかなりの性能でしたので、こちらも期待か・・・!?

 

雪上で、20km/hからブレーキを掛けた際の制動距離は14.9mとのこと。

 

試験車両はプリウスでした。なので、国産勢との比較ができますが、この値だと少し見劣りしてしまいますね・・・

 

国産勢と比較

さて、今回調べた海外勢を国産勢のデータと比較してみます。

上段が国産、下段が海外製です。

 

試験車両無視して制動距離が短い順に並べると、、、

  1. ミシュラン X-ICE XI3+   9.54m
  2. ブリジストン ブリザック VR2   10.35m
  3. ダンロップ Winter Maxx 02  12.0m

このような結果になりました。

ただし、1位と3位は試験車両が軽いのでデータが良いと思われます。

 

しかし、そこに食いこんでくるブリジストンはさすが・・・

食い込んでくるというか、どちらかというと1位に肉薄しています・・・。

 

 

 

まとめ

ということで海外勢も纏めて比較してみました。

結論書くと、やはり性能を求めるのであればブリジストン一択ですね。

 

ミシュランのX-ICEは性能よさそうですが、ヨーロッパ製タイヤは長距離ユースを意識したゴム配合となっているようで、若干タイヤが固いようです。

 

スタッドレスタイヤは、以前解説した通り”氷と密着させる”ことでスリップを防いでいる面があるので、タイヤは柔らかいに越したことないです。

 

なので、最後に私が個人的におススメするとすればブリジストン or ダンロップのタイヤ。

どちらかを買っておけば間違いないですね(*´ω`*)

性能のブリジストンか、コスパのダンロップか・・・といった感じです♪